大容量の蓄電システム 非常用バックアップ電源-安心-

停電は本当に起こるの?

停電なんて起こらないと思っていませんか?

オフィス・店舗

『非常用バックアップ電源-安心-』を導入されたお客様に、停電に関するヒアリング調査を定期的に実施しています。最新の集計では、導入された病院・クリニックの55%のお客様に実際に停電が起こったという事実が分りました。

(集計期間:2012年4月~2017年10月)

停電の要因は落雷や集中豪雨等の自然災害、施設トラブル、法定点検等様々です。

停電はなぜ起こったのか?

法定点検等による停電は、ビルや自家発電装置のメンテナンス時に行う計画的な停電で、年に数回に実施されます。38.2%の原因がこの計画的な停電によるもので、非常用バックアップ電源の使用時期は明確です。しかし、残りの62.8%は不測の停電でした。不測の停電については次の項目をご覧ください。

法定点検による停電イメージ

1時間以上の停電時間は75%以上!

1時間以上3時間未満が52.7%、3時間以上の停電が約11.1%で、停電全体から見ると1時間以上停電した方が約75%を超えているという結果となりました。一方、1時間以内に電気が復旧したのはわずか約25.1%です。 これは、一度、停電になると1時間以上続く可能性が高いと言えます。

停電時間のグラフ

悪天候の時期に多発します。さらに年々増加傾向にあります。

停電は集中豪雨、台風、積雪など悪天候の時期に発生しやすい事が分りました。集中豪雨、特に都市部に発生するゲリラ豪雨という言葉が生まれたのも新しく、昨今の停電の大きな原因となっており、年々増加し続けています。平成25年9月に発生した竜巻突風や、平成26年2月に記録的な大雪で受けた被害は甚大で、数日に渡り停電が続いた地域もありました。実際に、納品先のお客様から、「いつ電気が止まるかわからない悪天候の中、安心感が全然違った。アイケン(さん)の非常用電源があってよかった。」と嬉しいお声を頂きました。

調査期間:2012年4月1日から2013年3月31日

停電の起りやすい時期
医療現場において、照明をはじめ検査機器やモニター類等、停電になると診察も
ままなりません。また、レセプトのオンライン化やカルテの電子化により、さらに電気は不可欠なものになりました。
非常用バックアップ電源-安心-は、出力・蓄電容量共に大きく、納品先のお客様には「これで安心できる」と非常にお喜び頂いており、また計画停電の際には「役に立った」とのお声を頂きました。
「どの機器をどの位バックアップすべきか」「どのように備えるのか」といったお悩みやバックアップ機器の選定など、全国に豊富な導入実績がございますので、貴院における最適な環境についてご相談承ります。
まずはお気軽にお問合せ下さい。詳しくは→クリック

         


停電になれば普段当たり前に使えていた物がストップしてしまいます。
給湯機は停電になると使えませんし、灯油やガスのファンヒーターも電気がなければ作動しません。テレビやインターネット等映像での情報収集が出来ず、不安感も増すでしょう。お年寄りの方やご病気の方などがいらっしゃるご家庭では、停電は命に関わる事もあります。
       
病院・医療向け非常用電源・蓄電池特設サイト

非常用バックアップ電源
-安心-

非常用バックアップ電源
-安心- UNI<ユニ>

非常用バックアップ電源
-安心- FLEX<フレックス>

非常用バックアップ電源
-安心-HYBRID

導入事例

蓄電池レンタル

お客様サポート

停電情報

お客様の声